合同会社ペンタラボ|PentaLab LLC.

【インタビュー】ソーシャル法務行政書士事務所 北岡まり先生

Articles Popular

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

アップル発表会のまとめ20140909版

アップル発表会のまとめ20140909版

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法


【インタビュー】ソーシャル法務行政書士事務所 北岡まり先生

こんばんは。季節の変わり目についていけない宮負です。

今日は地元吉祥寺を中心にご活躍されている人物をご紹介するインタビューを掲載します。
弊社では、地域貢献の一つとして、地元の企業や個人、組織を応援する活動をしています。
そのひとつとして、このブログで弊社と関わりのある方やお客様をどんどんご紹介して、地域の皆様のビジネスや交流のきっかけになれば、と考えています。

インタビューのトップバッターは行政書士事務所を営む北岡まりさんです。

北岡まりさんは、吉祥寺で行政書士事務所を経営されています。特に力を入れているのが、外国人の方への在留資格です。その他にも法律に関わる色々な業務をされています。

弊社のお客様でもあり、弊社からもいろいろとお仕事をお願いしたり、一緒に焼き肉を食べたりと、たいへん懇意にさせていただいています!

弊社実績としてのご紹介ページはコチラから → ソーシャル法務行政書士事務所 – 合同会社 ペンタラボ

それではインタビューをどうぞ。

kitaoka01
ソーシャル法務行政書士事務所 北岡まりさん



■起業のきっかけ


宮負
「吉祥寺で起業されたきっかけはなんだったんですか?」

北岡
「もともと吉祥寺に住んでいたんです。父が銀行員だったのですが、弁護士を目指していて勉強していたので、法律の本が自宅にたくさんありました。それで自然と読むことが多くなりました。」

宮負
「なるほど、吉祥寺にお住まいだったんですね。」

北岡
「昔は高い建物がすくなかったから、実家の二階から駅の方を見ると、線路が見えたんですよ!いまはビルが多くなってしまって全然見えないですが。」

宮負
「いまは行政書士のお仕事をされていると思いますが、行政書士になることを目指していたのですか?」

北岡
「もともとは弁理士事務所などで働いていました。開業前から外国人の友人が多くて、役に立ちたいと思ったのがこの仕事に就いたきっかけです。」

宮負
「今も吉祥寺にお住まいだそうですが、やはり地元吉祥寺はお好きですか?」

北岡
「吉祥寺は好きです!あたりまえにいる街というか。昔から住んでいるので、自分の街ですね。居るべき場所です。何を買うにもするにも近所で済んじゃうし!」

宮負
「わかります!何でもあって便利な街ですよね。いろいろなお店などがありますが、気分転換などに行く場所はありますか?」

北岡
善福寺公園は気分転換によく行きますよ。池があって、散歩に良いです。あと、友人が経営してるAKLaboというお菓子屋さんによく行きます。それと、最近はホルモンがマイブームで、3軒くらいのお店を回っています。」



■趣味は体を動かすこと


宮負
「やっぱりおいしい食べ物は気分転換になりますよね。」

北岡
「そうですね!食べ物と言えば、この辺は畑も多いので、畑の無人販売の野菜をよく買ったりしていますよ。自転車で通りかかった時にね。」

宮負
「自転車にはよく乗るんですか?」

北岡
「最近趣味で買いました!ストレス発散に10キロくらい走ったりしますよ。今度ランチを自転車で行ける距離で行けるところまで行ってみようかな、って思っています。」

宮負
「アクティブですね!ほかにも体を動かす趣味はなさっているんですか?」

北岡
「スノボーやダイビングもやったことがありますよ。運動は好きなので。でも最近は生け花もやってますよ。」


宮負
「生け花ですか!北岡さんだったら和服が似合いそうですね。」

北岡
「それが、和服を着たりはしなんです。畳の上じゃないんですよ。テーブルの上でエプロンを着けてやるんです。生け花っておしとやかに思えるかも知れないけど、やってみると木をバキバキ折ったり、はっぱを落としたり、結構力仕事もあるんですよね。」

宮負
「なるほど、いわれてみればそうですね!」


北岡
「将来、生け花をテーマにしたイベントを、外国人の皆さんを招いてやってみたいな、と思っています。」

宮負
「おもしろそうですね。日本人でもやったことがない人は多いですし、外国人の方にはとくに興味があるものじゃないでしょうか。」

北岡
「そうですよね。あと日本料理とかもよさそう。おせち料理ってひとつひとつ意味があるんだけど、そういうのって日本人も知らないし、勉強になりますよね。」



■今後について


宮負
「今後も外国人を支援していきたいと考えていますか?」

北岡
「そうですね。外国人の支援をメインにしています。
わたしは外国に住んでいた経験があるので、外国に来た人の孤独がよくわかるんです。
外国にいくと、やっぱり少しでもわからないことがあっても、聞くことが出来ないんですよね。情報もはいってこないし。疎外感がものすごくある。
日本にいる外国人も同じで、普通に生活するだけでも大変。日本人の友達が欲しいと思っても、なかなか出来ないし、友達を作るのにも言葉の問題って本当に大きいと感じます。だから、メルマガを始めたんですよ。読んでもらって、少しでも日本の情報が入ってくるように。メルマガの内容はまだまだ模索中ですが。」

宮負
「外国に居住したことがある北岡さんならではですね。」

北岡
「それともう一つあって、今後は食をテーマにすることを考えています。
フードコーディネーター2級の資格を取りたいんですよ。外国人の経営するお店作りのアドバイザーをしたいと考えていて、とくに飲食店をターゲットにしています。食を中心に人を集める場をつくっていきたいと思っています。」

宮負
「今後の新しい事業も楽しみにしています!ありがとうございました!」




北岡まりさんのホームページはコチラ!

外国人と行政の架け橋に|ソーシャル法務行政書士事務所 2014-09-09 16-09-43
外国人と行政の架け橋に|ソーシャル法務行政書士事務所


インタビュー記事は今後も吉祥寺や武蔵野市を中心に、地元でご活躍なさっている方をご紹介したいと思います!



Recommend Entry
是非、読んでもらいたい記事 ブログ一覧を見る

Recent Entry
最近書かれた記事