合同会社ペンタラボ|PentaLab LLC.

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

Articles Popular

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

アップル発表会のまとめ20140909版

アップル発表会のまとめ20140909版

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法


噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

こんにちは!新しいツールが好きな平井です!

今日は巷でPhotoshopを超えた!と評判のAffinity Photoをご紹介します!

説明するより見たほうが早いかも

僕が説明するより、公式の動画の方がわかりやすいですね!なので、一度見てください。


おお!すごいですね!髪の毛の抜きとか面倒な作業を一発でやってくれるとか神の一手じゃないですか!(髪だけに!)
しかも、PSDとかRAWデータも扱えるというのはありがたいですね!

でもサンプルだけだと実作業にどれくらい使えるかわからないですよね・・・。という事で機能の一部だけをご紹介。

少し使ってみよう

なにはなくともMac専用のアプリなので、Macを準備してください!

ダウンロードとインストール

そしてベータ版のページへアクセスし、名前とアドレスを入れて送信。
20150214_01
送信するとメールにダウンロードのURLがあるので、クリックしてダウンロード!

ダウンロードが終わって、dmgファイルを展開すると、こんな画面が出てくるのでアプリケーションフォルダに投げ入れてインストール完了!
20150214_02

さっそく使ってみよう

一番使って実感出来そうな部分として、紹介の動画にもあった邪魔なものを消すという機能を使ってみたいと思います。

今回素材につかった写真はこちら
20150214_05
こちらを読み込むとこんな感じになります。
20150214_03
さてさっそくいらないものを消してみましょう。
まずは、画像の下にある杭を消してみましょう。
ツールボックスの中にあるInpainting Brushを選択して不要な場所を影等も含めて選択します。
選択後に自動的に処理が始まりますのでしばらく待ってみてください。(範囲が広いとそれなりに時間がかかります。)
20150214_04

さてどうでしょう。元の画像から杭等がなくなりました!
img03
効果としては周辺の画像をコピーして自然に見えるように処理しているような感じなので、出来るだけ周りも同じような画像で囲まれているところを選択したほうが良さそうです。
ちなみに一気にやるとこんなひどい感じになります。
img02
このあたりは、細かく設定範囲を指定しないとダメみたいですね。

細かく範囲設定するとこんな感じなるんですが、元画像を知っていると違和感は残りますね・・・。
小さくしてしまえば気にならないので大きさによるかと思います。
img04

ちょっとした画像編集ならいいかも?

他のサイトでPhotoshopを超えた!と評判のアプリですが、細かい指定やフィルター等、平井個人としてはPhotoshopのプラグインで出てほしいと思いました。
というのも、とても個人的ではありますが、使い慣れているのがWindowsだという事と、学習コストとしてPhotoshopの6割くらいは覚えていて同じことが出来るので、時間短縮として使いたいというのが素直な感想でした。

モバイルで持っているMacBookAir等で、ちょっとした削除作業をしないといけない時には、良い感じに使えるのではないかなーと思いました。

あくまで製作を行っていてPhotoshopが使えるという点と強い個人的主観が入っていますが・・・。

それでも、価格が正式版リリースの時に49ドル(現時点でのアナウンス)という破格なので、Photoshopは持ってないけど画像修正したい!というニーズにはとてもマッチしていると思うので、まだPhotoshopを持っていない人にはオススメです。



さて今回、簡単に機能の一部を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。興味が出てきたMacをお持ちの方はベータ版は無料なので試してみてはいかがでしょうか。

また、Photoshopに似ているアプリでGIMPというアプリもあるのですが、そちらは宮負が別記事を書いているので、そちらを参考にしてみてください。

写真や画像の編集に使えるフリーソフト「GIMP」
【初心者向け】GIMPを使って写真を複数使ったFacebookのヘッダー画像を作ってみよう

それでは、プラグイン化してくれることを願っている平井でした!



Recommend Entry
是非、読んでもらいたい記事 ブログ一覧を見る

Recent Entry
最近書かれた記事