合同会社ペンタラボ|PentaLab LLC.

「今更聞けないEvernoteの使い方」 第2回:増えるアイディアメモ!

Articles Popular

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

アップル発表会のまとめ20140909版

アップル発表会のまとめ20140909版

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法


「今更聞けないEvernoteの使い方」 第2回:増えるアイディアメモ!

こんにちは!そろそろ忘年会の予約をしないといけないと思っている平井です!

前回(第1回:始めようEvernote!)から13回連載していく予定のEvernoteの使い方紹介ですが、今回は、「第2回:増えるアイディアメモ!」をお送りしたいと思います。

アイディアって、忘れてるの多くないですか?

みなさんは、「あっ、このアイディアいいな!」と思う事はどれくらいありますか?
そのアイディアをどれくらいストックしていますか?
2014-11-09_00
(今回のテーマに合ってそうなイメージがあったので貼っておきますね)

平井も採用・不採用に限らず、アイディアは、いくつでも浮かんできますが、「あれ・・・?これ、前にも思いついて・・・・、あとプラス何かが関連してた気が・・・・」という事が物凄く多かったので、メモを取るようにしていました。

が、しかし、そのメモが付箋だったり、テキストファイルだったり、TwitterやFacebookへの投稿だったりで、結局探しきれなくなり、事実上忘れているものだと気が付きました。

忘れてたら意味ない!」という訳で全てのアイディア案はEvernoteに集約するようになりました。

まずはノートブックを分けましょう

前回、後で整理できるようにノートブックを作成しました。
Evernoteを活用していくと多くの情報が増えていくので、大きく分類出来そうなものはノートブックに分けるという癖をつけておきましょう!

平井は、ノートブックが多いのでいろいろ工夫をしていますが、一応参考レベルですが、「100_idea/personal」というノートブック名になっています。


集約する利点

集約する利点は大きく2つあります。

アイディアのリマインド

人間ですので、基本的にいろいろな事を忘れていきます。アイディアも同じように「最高のアイディアだ!」と思っても忘れていくものです。

例えばですが、このエントリーを読んだ一年前の今日、夕食の内容を思い出せますか?
多くの人が思い出せないと思います。記録を取っている人も、「記録」があるからこそ思い出せる仕組みだと思います。
(たまたま記念日とかだったら話は別なんですけどね!)

アイディアも忘れてしまうと意味が薄れてしまうので、せっかく考えたのにもったいないですよね。
集約することで、他のメモを書く際に目にする「機会」を増やして、自分自身に「リマインド」させるという事が出来ます。
2014-11-09_01
人は面白いもので、何回も目にしていたりすると、なかなか記憶から忘れなくなるんですよね。
漢字の書き取り練習と同じような感じです!

アイディアの妄想

アイディアを出して、ブラッシュアップしたい時、ひとつのアイディアをずっと眺めていたりしませんか?
アイディアの広げ方は、「KJ法」やら「オズボーンのチェックリスト」等いろいろあるのですが、平井の個人的には、発想の練習にもなるので、今までストックしたアイディア全てを眺めて、キーワードから連想する事や、その場面だったりアイディアを使う相手がどんな事を言いそう等、妄想をどんどんしていきます。

「こうなったらいいなー」という妄想は考える人によって大きく変わってくるものなので、とても大事ですし、その中にたくさんのヒントがあるので、妄想した中で出てきたキーワードを適当につなぎ合わせて、記録していくという事をしていきます。
2014-11-09_02
(アダルトネタもありますが、そゆのも気にしないで書いてしまいましょう!そして平井の書いたのも気にしないでください!)

妄想というと、ふざけているようにも聞こえますが、自分自身の本音や欲望等、つまりはニーズを引き出すにはとても良い考え方だと思います。具体的なことは後からきちんと肉付けをしていけば良いので、アイディアのタイミングでは思いっきり妄想してほしいと思います!

アイディアのメモり方

メモ書き方は賛否両論あるかもしれませんが、あくまで平井の一例という事で、むしろこうが良いよというのがあれば、このエントリーをネタにブログとか書いてください!

とりあえずメモる

内容を1行だけでも書きましょう!(クリックで拡大)
2014-11-09_03
内容を1行だけでも書くと、タイトルも自動で入ります。
スマートフォンの場合は、場所が自動で入ったりします。

この時点では、あまり有効なメモではないですが、この1行があるかないかで、「忘れない」「妄想が膨らむ」「今後の発展」の3つの事が出来なくなってしまう可能性が高くなるので、価値としてはとても重要になってきます!

目についた時に膨らます

先にも書きましたが、平井的アイディアの増やし方は、リマインドと妄想が大事だと思っています。
1行しかないアイディアも、目についた時に、更にいろいろと思いつくと思います。
2014-11-09_04
その思いつく事をすべて書いていきましょう。
関連するキーワード等も気にせず書いてしまいましょう。

平井のオススメな書き方としては、その時点で把握しているメリットとデメリットも書いておくと良いと思います。後で再度考えるのが面倒になる事と、リマインドした際のアリ・ナシの判断の要素になります。

具体的にした例

思いついたメモをベースにして具体的なカタチを作っていきましょう。
(クリックでかなり大きく拡大します)
2014-11-09_05

各項目をより具体的に書き込んでいきましょう。イメージ的には企画書の資料になるレベルという感じです。
上のイメージはサンプルではありますが、少し細かく書き込んだので、内容を参考にしてもらえればと思います。

実際のところ、細かい部分は場合によって変わってきますが、関連するキーワードや関連するイメージも貼り付けておく事が大事です。



という事で、「第2回:増えるアイディアメモ!」はこの辺りで締めたいと思います。更に具体的に知りたい事などは、実際に平井に会った際や、SNSやらで連絡してもらえれば、お応えできる範囲でお伝えしていきたいと思います!

なお、次回は、「第3回:続けられる日記!」をお送りしたいと思います。次回までに、手持ちにあるアイディアや思いついた事などを、まとめて書いてみてくださいね!約束ですよ!

それでは、忘年会にお呼ばれするのを待っている平井でした!



Recommend Entry
是非、読んでもらいたい記事 ブログ一覧を見る

Recent Entry
最近書かれた記事