合同会社ペンタラボ|PentaLab LLC.

LINE@はじめました!友達登録の方法とLINE@の始め方

Articles Popular

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

アップル発表会のまとめ20140909版

アップル発表会のまとめ20140909版

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法


LINE@はじめました!友達登録の方法とLINE@の始め方

145cm社長宮負です。

先日、LINE@がグローバルオープン化、一般公開されましたね!
個人や法人を問わず、無料で使えるようになりました。

これで導入障壁が下がって、誰でもはじめやすくなりました。
LINE@専用のアプリをダウンロードすれば、すぐにでも始められます。

ペンタラボでも早速IDを作ってみました! → @pentalab
LINEを使っている方ならどなたでも登録出来ます。
是非登録して見てくださいね。


【LINEでの追加方法】


1.LINEアプリを起動します。

2.友達検索 → ID検索

3.下記のID(@も含めて)入力して検索ボタンを押してください。
@pentalab
友達検索 → QRコードでもOK!

個人の方も使えるそうなので、これから起業される方や個人事業主の方にもオススメです!


LINE@の仕様


・1000件までメッセージが無料(それ以上は有料プラン)
・1対1のメッセージ可能
・一斉メッセージ可能
・PRページを持てる

などですね。
詳しくは公式サイトをご覧下さい。
LINE@で販促・ファンを獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネス向けLINE

おもな使い方としてはBtoC向けの発信ですね。店舗を運営されている方などには特に使えるサービスになるのではないでしょうか。

メルマガよりもっとリアルタイムな情報の発信や、お客様との直接のメッセージのやりとりが可能です。
よりコミュニケーションが加速されますね。
使い方は、LINEとそれほど変わりませんので、普段からLINEをお使いなら、すぐにわかると思います。


カンタンなLINE@の始め方

簡単にLINE@の始め方を説明してみます。

1.LINE@を始める場合は、LINEのアカウントが必要ですので、まずLINEのアカウントを取得してくださいね。

2.iPhoneの場合はAPPストア、Android端末の場合はGooglePlayStoreからLINE@アプリをダウンロードします。
アプリを検索するときは LINEat と入力

3.その後、画面に従ってLINE@専用アカウントを作ります。(個人のLINEとは別です)
いまのところLINE@のアカウントはアプリからしか作成できないようです。承認アカウント申請は公式サイトからPC上で出来ます。

4.IDをお客さんに共有して登録してもらいましょう!

5.作成後はPCからの管理も可能です。詳しくは公式サイトへ。

LINE@はPCからも操作可能!法人も個人も本格的なLINE@活用に : LINE@公式ブログ | LINEの法人・ビジネスアカウントを使った集客のコツ



20150224-220319-3 20150224-220336-5
アプリの画面です。操作画面は、LINEとそれほど変わりませんし、難しいことはありませんね。

お客様側から見ると、リアルタイムな情報発信がいつものLINEに届きますので、受け取りやすく気がつきやすくなります。

ただし、不用意にたくさんメッセージを送信すると迷惑に思われますので注意が必要ですね。


まずは気軽に始めてマーケティングや販売促進に活用しましょう!



Recommend Entry
是非、読んでもらいたい記事 ブログ一覧を見る

Recent Entry
最近書かれた記事