合同会社ペンタラボ|PentaLab LLC.

良いブログ記事にする3つのポイントと上手な文章の書き方を考える

Articles Popular

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

アップル発表会のまとめ20140909版

アップル発表会のまとめ20140909版

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法


良いブログ記事にする3つのポイントと上手な文章の書き方を考える

今日はブログ記事作成のコツについて考えてみたいと思います。
ブログ記事の書き方は様々な方が書いていますが、私なりに、誰にでもわかりやすいようにまとめてみます。

ブログでの発信は、インターネット上で認知されるための重要な要素のひとつです。
記事作成は、重要なマーケティング手法としても広がっていますね。

ポイントとなるのは下記の3点と考えます。

  • キーワード
  • 文章の構成と量
  • 読みやすさ

この3つのポイントを意識してブログ記事を作成しましょう。

それでは詳しくて見ていきましょう。

SEOを意識することは大切だけど


ブログの記事は、個人の日記用途として使用されることも多くありますが、ビジネスの場合は、主に集客や周知を目的として、書かれることが多いと思います。

ビジネス用途では、闇雲に記事を書いても、あまり良い結果に繋がらないことが多いです。
まずは簡単でよいので、SEOのことを意識してみると良いでしょう。

SEOというと難しそうに聞こえて、検索しても難しいことばかり書いている記事が多くありますので、
それを見て「自分にはできない…」と思ってあきらめてしまう人も多いかも知れません。

ですが、あきらめる必要はありません。

まずはひとつ、「キーワード」のことを考えれば良いです。
キーワードを意識した記事作りをして、そこから始めるのが良いと思います。

SEOとは


前置きに書いたとおり、SEOの全てを理解する必要は無いと思いますが、最低限の知識は必要です。
簡単にSEOについて説明してみます。

SEOとは、「Search Engine Optimization」 の略で、「検索エンジン対策」です。
または「検索エンジン最適化」とも呼ばれますね。

検索エンジンとは、GoogleやYahoo!、Bingなど、文字入力してインターネット上から記事を検索するツールのことですね。

日本で利用されている検索エンジンはGoogleとYahoo!で90%以上を占めます。
Yahoo!の検索エンジンは、実は中身はGoogleのものを借りているので、実質Googleです。

そのため、SEOとは、「Google対策」になるわけですね。

Googleは、検索結果がユーザーのためになるよう、日々改善を重ねています。
そのため、検索結果は日々変わっていきます。

検索結果を良くするため、本来は常に最新の情報を追う必要があります。
この最新情報を追うのは非常に大変なことです。
毎日インターネット上の情報をずっと見ていなければなりませんが、それは出来ないですよね。

そのため、SEOについて考えるより、いくつかブログ記事の作成のコツをつかんで、あとは記事を多く書くことが良いと思います。

以前は、かなりGoogleのロジックを悪用したサイトも多かったのですが、
現在はGoogle側のスパム対策も進み、ユーザーが求めている記事が上位に表示されるようになりました。

ですから、なるべく記事の品質を上げて行くことに注力する方が結果的に検索順位をあげる近道と思われます。

すぐに結果が出るわけではない


まず、はじめに勘違いしないで欲しいことがあります。

Googleの検索結果は、ブログ記事をひとつ書いたからと言って、すぐに反映されて、アクセスが劇的に伸びるということはありません。

少なくても数ヶ月は記事を書き続けないことには、結果は出てきません。

上手な人なら3ヶ月くらいでも結果が出る人もいるかも知れないですが、かなりまれで、よほど記事作成が上手な方だと思います。
なので、まずは続ける事が大事です。

記事のキーワードを考えよう


ブログの記事で、まず考えることは、SEOでも重要になってくる「キーワード」です。

検索エンジンで何かを検索しようと思い、文字を入力するとき、皆さんはなんらかの言葉を入力すると思いますが、それが「キーワード」になります。

記事を書く前に考えなければならないのが、「なんというキーワードで記事を検索結果に表示したいか」です。

記事のキーワードの選定


まずはどのようなキーワードがあるか、について知る必要があります。

色々方法がありますが、簡単なのはGoogleで実際に検索してみることです。

ライバル企業や競合サイトがなんというキーワードで検索すると上位に表示されるかを参考にしたり、実際該当のキーワードでGoogleの検索結果がどうなっているかを見て、そのランク上位の記事に何が書かれているかを読むことが第一歩です。

ブログの題材をしっかり絞る


キーワードも大事なのですが、そもそもブログの記事を書くための題材、テーマなどはあらかじめ決めて置く必要があるでしょう。

ブログ自体のテーマにもなり得ると思います。

しかし、テーマを考えすぎて、記事が更新できなくなるのは本末転倒でもあります。
書き続けることの方が大切ですので、あまり自分を縛りすぎないようにしましょう。

記事を書く前に考えておくこと3つ


ブログ記事は、読み手の事を考えることが大切です。
ポイントは下記の3つです。

1:記事を読み終えたときに、読み手はどんな気分になっていると良いか


 「得した」か「ためになった」か、そのどちらでもなければ「面白かった」…など

2:ターゲット(読んでもらいたい人)をハッキリさせる


 女性、男性、年代、職業、何かに困っている…など
 

3:その記事のメインとなるキーワードを考える。


 記事1つに必ず1つキーワードを持たせること。
 キーワードを意識した記事を作ると良いでしょう。

文章の構成を考えよう


読みやすくするための文章構成を考えることも大切なポイントです。
具体的には下記の2点あります。

見出しをつける


・タイトル(大見出し)の他に中見出し、小見出しを考える。
 長文の場合は特にリズムや読みやすさのために必要。
 記事本文を書く前につくる。

まとめをつくる


・最後にその記事のまとめをつける。
 長文の場合は特に話がずれがちになるため、読み手に何を訴えたかったのかをまとめる。
 記事の最後にこの記事で1番何が言いたかったのかをまとめて記載する。(箇条書きで良い)
 読み手がまとめだけ見てもわかるようにする。

・または、記事の最初に「誰向けのどういう内容の記事か」を書いておくのも良いですね

というわけで、こういう感じの構成にすると読みやすいと思います。

    (例)
    1:タイトル(大見出し)
    2:導入文 (もくじ)

    3:中見出し
    4:本文

    5:中見出し
    6:本文

    7:まとめ

文字数や文章量のコツ


ポイントとしては下記のような点があります。

  • できるだけ4000文字以上、なるべく長い記事を書く
  • 長文の場合(3画面以上)はタイトル下に目次をつけること。
  • タイトル(大見出し)は30文字前後がベスト
  • 記事でもっとも訴えたいキーワードを必ずタイトルに入れておく。

記事の文章量は4000文字以上書く


少し前には、一般的には、文章量についてはPCで1.5画面(1スクロール半)位が読み手にちょうど良いと言われていましたが、最近ではスマートフォン閲覧の方が多いため、一概には言えなくなりました。

現在のSEO面での効果的な文章量は、長ければ長い方が良いとされています。

具体的には4000文字以上です。1万文字以上になるとより効果は高いと思います。
文章を書くのが好きな方はできるだけたくさん書くとよいでしょう。

ただし、SEO面で無く、人間が読むとなった場合のことも考える必要があります。

長文になる場合は写真やイラストを多くしたり、見出しでリズムを作るなど、
読み手に飽きさせない・ストレスにならない工夫が必要になってきます。

目次をなるべくつける


長文を書いた方が良いのですが、人間が読む場合、先のわからない長文ほど読みたくないですよね。
できるだけ、記事の始めに目次をつけると良いでしょう。

そうすれば何がこの記事に書かれているかわかりやすくなります。
また、SEO的にも目次があったほうが良いとされていますので、なるべくつける方が良いでしょう。

記事タイトルのキーワード・文字数


記事のタイトルは検索エンジンでは60文字程度までしか表示されません。
ながいタイトルは意味が無いので、60文字までにしましょう。
また、その60文字の中にキーワードを含めることを忘れないようにしましょう。

見栄えや読みやすさのコツ


読み手にとっての読みやすさを考えましょう。
印刷物と違って、Webページでは文字が詰まっていると非常に読みづらいです。

改行を使おう


改行を上手に使いましょう。
ブログ記事では改行がとても大事です。

適度な空白が読み手にわかりやすさを感じさせることになります。
非常に大切です。

文字数と合わせて、改行は多めに入れることを心がけましょう。
文字が固まっている印象だと読みづらくなってしまうので、適度に改行するようにしましょう。

ポイントは、

  • 1段落は4行程度にする
  • 1行30文字を超えたら改行する
  • 横への視線移動が長いとストレスになる。

漢字が多すぎないように気をつけて


また、漢字が多すぎるのも良くありません。
意味が通らなくなるほどひらがなにする必要はありませんが、なるべく読みやすくするように注意をはらいましょう。

漢字を密集させないように気をつける。
 ひらがなやカタカナを使い、漢字とバランスを取る。

そのほかのポイント


そのほか、読み手にストレスを与えない方法としては下記のようなものがありますね。

  • 語尾はそろえないように気をつける。(~~ました。~~です。が連続するなど)
  • わかりやすい言い回しを心がける。(誰にでもわかる文章や言葉にする)
  • 無駄な文章は思い切って削る。(長すぎないようにする)

続ける事が最重要


ブログ記事のテクニックについて書いてきましたが、上記のSEOや、コツを差し置いて最も重要なことがあります。

それは「続ける事」です。

こんなデータがあります。

3ヶ月続くブログは70%
1年間続くブログは30%
2年間続くブログは10%


引用元
ブログは一年続くの?読者数は?2万件のはてなブログで分析する – プロクラシスト

ほとんどの人が更新できず、やめてしまう(更新が止まってしまう)のです。

だから、続けることが一番重要で、続けられれば検索にも反映されるようになる近道です。

まずは、定期的に記事を書くことを目標にすることが一番良いと思います。

まとめ


コツは色々ありますが、かんたんにまとめると下記の二つがポイントですね。

  • SEOのためキーワードを考えよう
  • 読み手に優しい記事作りを心がけよう

いかがでしたか?ブログ記事作成の参考になれば幸いです。



Recommend Entry
是非、読んでもらいたい記事 ブログ一覧を見る

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2018

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2018

Recent Entry
最近書かれた記事

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2018