合同会社ペンタラボ|PentaLab LLC.

活用するメディアの種類とSNS【Webプロモーションの基礎】Web担当になった方へ!

Articles Popular

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

噂のAffinity Photoを少しだけ使ってみた!

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

MacやUNIX系OSをご利用の方はパッチを当ててください – bashの重要な脆弱性

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

来年の手帳、「ジブン手帳」を買いました

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

【インタビュー】株式会社想実企画小泉正信さん

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

吉祥寺*Bloomの第1回交流会「創業に当たっての心構え&体験談」の講師をしました

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

WEB業界でよく聞くビジネス用語集

アップル発表会のまとめ20140909版

アップル発表会のまとめ20140909版

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】Flower Essence Therapy Pono Pono 織田裕子さん

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

【インタビュー】キリンニジイロ 鈴木智哉さま

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法

Google ChromeでPDFを開くとクラッシュしてしまう問題を回避する方法


活用するメディアの種類とSNS【Webプロモーションの基礎】Web担当になった方へ!

こんにちは。ペンタラボの宮負です。

先日、Webマーケティングがどうして必要なのか?
その背景について、こちらの記事 で説明致しました。

今回は、Webプロモーションについて、もう少し詳しく一緒に見ていきましょう。

Webプロモーションの基本、プロモーションとは?


「プロモーション」という言葉は、「マーケティング」用語のひとつです。

マーケティングは、カンタンに言ってしまうと「売れる仕組み」を作る活動のこと。

ビジネスでは、なにかモノを売ったり、モノがなくても何かしらのサービスで売上を上げなければ、企業活動がとまってしまいます。

その売上を得るために必要な知識全般を「マーケティング」と呼びます。

マーケティングの4P


売れる仕組み作りについて、基本的な考え方のひとつに「4P」があります。

下記の4つの言葉です。

  • 製品 Product
  • 価格 Price
  • 流通チャネル Place
  • 販売促進 Promotion

この4要素は、英語で表記したときの頭のアルファベットをとって、「4P」と言われています。
販売促進、つまりプロモーションは、4番目に上げられる要素です。

プロモーションは、販売を促進するための活動になりますが、
Webプロモーションと言った場合、Webを活用した販売促進活動ということになりますね。

マーケティングの4C


さきほどはマーケティングの4Pでしたが、これとセットで、「4C」という言葉も覚えておくのが良いです。

4Pが、売り手側の視点からの言葉に対し、4Cはお客さま側の立場にとっての言葉です。

  • お客さまにとっての価値 Customer Value
  • お客さまの負担 Cost to Customaer
  • 入手の容易性 Convenience
  • コミュニケーション Communication

それぞれ、英単語の頭文字の「C」を取って、4Cと言います。

この4つは、前項に書いた「4P」と対になっています。

売り手側 お客様側
製品 Product お客さまにとっての価値 Customer Value
価格 Price お客さまの負担 Cost to Customaer
流通チャネル Place 入手の容易性 Convenience
販売促進 Promotion Price コミュニケーション Communication

この4つめ、プロモーションと対になるのがコミュニケーションです。
プロモーションはお客様にとってコミュニケーションにあたります。

これは、多数の競合他社と比較して、自分の商品やサービスを選んでもらうために必要な、
売上を得るための大切な要素です。

お客様との接点を効率化しすぎると、機械的で無機質になってしまいます。
それは、お客様にとっては、良い印象であるとは言えません。

温かみのあるコミュニケーションが必要になってきます。

とくにWebに置けるプロモーション活動は、パソコンやスマホを使い、インターネット経由で発信することがほとんどのため、そもそも機械的になりがちです。

業務の効率化も大切なことですが、プロモーション活動をあまり効率化しすぎると、
見てくれる人(お客様)にとっては、機械的に感じられて、
あまり良い印象になりませんので注意したほうが良いでしょう。

Webプロモーションのためにつかうメディア


Webプロモーションのために使用できる代表的なものは
大きく分けて、下記の3種類あります。

  • 企業のホームページ、自社でコントロールできるメディア
  • ソーシャルメディア(SNS)
  • お金を払って宣伝できるメディア

企業のホームページ(自社のホームページ)、自社でコントロールできるメディア


いわゆる「オウンドメディア」と呼ばれる物です。
オウンドとは、英語でかくと「Owned」つまり、「自分たちの~」という意味ですね。

簡単に説明すると、オウンドメディアとは、企業自身がコントロールできるメディアのことを指しています。

企業のホームページですが、ホームページがない会社は、
インターネット上の情報が見つからないため、顧客側からの視点では、
あまり信用できないという印象になってしまいます。

ホームページがないだけで、印象が悪くなってしまうのです。

そのため、現在では企業情報のひとつとして、ホームページがあるということが、当たり前の時代になりました。

ホームページも、オウンドメディアのひとつです。

ちなみに、ホームページのことを、専門的には「Webサイト」と呼びます。

広い意味では、同じものを指しますので、
専門家が「Webサイト」と呼んだらホームページのことだと思ってくれて良いです。
(厳密には違いますが、説明はここでは省きます)

ブログ、メルマガなどもオウンドメディア


インターネットを活用したモノだと、ブログ、メールマガジン(メルマガ)もオウンドメディアになります。

特に、ブログは現代ではインターネット上の情報発信ツールとして非常に強力です。
このブログもそうですが、企業ブログも今では当たり前になってきました。

メールマガジンは、現在でも使われるプロモーション活動のひとつの手段ですが、
迷惑メールとして扱われることも多いため、徐々に減ってきています。

とはいえ、BtoCにおける一時的な情報発信としては効果があり、まだまだ非常に多く使われます。
とくにネット通販などでは、情報発信の手段として、多くの店舗で使用されています。

最近ではメルマガに変わるツールとして、新しいツールであるLINE等を使用したプロモーションもオススメです。

紙の媒体も上手に使おう


また、ホームページ以外にも、紙の媒体も大切です。

Webプロモーションと合わせて、チラシ等も同時にキャンペーン等も展開するのがベストと言えます。

代表的なモノとしては商品やサービスのチラシ、会社案内などのパンフレット、それに名刺も重要なプロモーションのひとつです。

WebプロモーションにおけるSNS


やみくもに、プロモーション活動しても、お客様に届かなければ意味がありません。
効率的なプロモーションをするために、現代では、SNSでの発信が大切な要素となっています。

SNSは、企業にとっても情報発信のための重要な位置づけになりました。

ファンを作るためのWebメディアとして、SNSは、日本を代表する大企業も多く発信しています。

ファンを作るということは、どういうことかというと
その商品やサービス、そして企業そのものに興味を持ってもらって、さらに好きになって貰うという事だと思います。

どんな人でも、嫌いな人から商品を買おうと思ったり、サービスを受けようと思わないですよね。
なるべく気に入っているお店や好み人物から買いたいと思うはずです。

とくに、現代では商品やサービスがあふれています。
似たような商品、サービスもたくさんあります。
そのたくさんの中から、消費者がどれにお金を払うのかを選ぶ時代です。

消費者に選んでもらうために、商品やサービス、企業を好きになって貰わなければならないのです。

そのためにSNSを活用し発信することで、
必要な人に情報が届いて、企業・商品・サービスを知ってもらう必要があります。

代表的なSNS


SNSの代表的なものは、みなさんもご存じと思いますが、下記のサービスなどです。

  • フェイスブック Facebook
  • ツイッター Twitter
  • インスタグラム Instagram

これ以外にも非常にたくさんありますが、日本での代表的なモノとして、まずは上記を覚えておきましょう。

SNSは、下記のような特徴があります。

  • クチコミのチカラがとても強い
  • 情報の発信と受信がカンタン
  • 興味や好み、嗜好が共通の人がつながっていて集まりやすい

もう少し詳しく見ていきましょう。

クチコミのチカラが絶大


また、クチコミのパワーを最大限に活かせるのがSNSの最大の特徴です。

同じジャンルに興味のある人同士がインターネット上で直接繋がっているため、情報が伝わるのが非常に早いです。
それはテレビなどとは比べものにならない早さです。

この繋がった人同士の情報伝達ですが、拡散と呼びます。

拡散力が最もあるのはTwitterですね。

FacebookはTwitterと比較すれば少々遅いですが、それでも拡散力は高いです。

誰でも簡単に情報発信・受信できる


SNSを使用すれば、専門的な知識を必要とせず、
情報発信・受信がカンタンに出来るのがSNSの特徴です。

文字や写真の投稿だけで友人や広く一般に発信できますね。

興味のある人同士が集まりやすい


SNSの大きな特徴として、同じ興味や趣味、嗜好を持つ人同士が繋がりやすくなっています。

理由はSNS上で、同じ趣味の人同士が集まって情報交換したりする場が用意されていますので、
また、現実世界の友人や知人同士がSNS上でも繋がっていることがほとんどのため、
世代や地域が近い人同士が集まっていることも多いです。

このように、同じ世代、同じ趣味嗜好の人達が集まりやすく、
リアルでもネットでも繋がっているのがSNSの特徴です。

必要な人が自然に集まってくる集客にはSNS活用


現代のプロモーション活動では、自社の商品やサービスを必要な人だけが
問いあわせてくるような仕組みをつくることが大切です。

前項に書いたように、
同じ世代や趣味嗜好の人が集まっていれば、プロモーションもやりやすいですね。

必要な人だけにPRできれば余分なコストをかけなくてすみます。

SNSを活用する際に気をつけること


SNSは、プロモーションを仕掛けたい側としては非常に魅力的ですが、
利用する場合、気をつける点もあります。

効果が出るまでは時間が必要


1つ目はSNSを利用したからと言って、一朝一夕でイキナリ売上があがったりするような効果は出ません。
発信は毎日のように続ける事が最も大切です。
何事もそうですが、続ける事が一番難しいですね。

まずは、お客様に認知してもらう必要がありますが、そのためにも毎日の発信が重要です。
その結果、徐々にファンが増えていきます。

つまり、Webプロモーションとは、とても時間がかかるモノなのです。

自社や担当者のネットリテラシー、クレーム対応方法などをあらかじめ検討しておく


2つ目は、SNSを企業活動に取り入れる場合、ネットリテラシーをあらかじめ勉強しておく必要があります。
インターネット上では様々な人が情報を見ています。
その中には悪意がある人もいます。

また、自分は大丈夫と思ってもお客様側に印象が悪くなることを投稿してしまったり、企業秘密を公開したりしてしまうケースもあります。

あらかじめSNS担当者には、投稿に関するルールなどを徹底する必要があるでしょう。

直接届くメッセージ等の対応について検討をしておく


3つめは、SNSは連絡が取りやすいため、SNSへのコメントだけでなく、ダイレクトメッセージ機能を使用し、直接メッセージを送ってくる人もいます。

また、インターネットはいつでも好きな時間に閲覧できますので、様々な時間帯でメッセージが届くでしょう。

そのようなときのため休日や時間外についての対応も検討しておく必要があるでしょう。

今回は以上です。
Webプロモーションの基礎知識、いかがでしたか?

Webプロモーション担当者のみなさまの参考になれば幸いです。



Recommend Entry
是非、読んでもらいたい記事 ブログ一覧を見る

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2018

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2018

Recent Entry
最近書かれた記事

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2018