BLOG スタッフブログ

WordPressとMovable Typeのちがいについて【CMSはどちらを選ぶべき?】

カテゴリー : Web制作 Webサービス

タグ : Movable Type CMS WordPress Webプロモーション

この記事は、「 宮負 香織 」 が書きました。
WordPressとMovable Typeのちがいについて【CMSはどちらを選ぶべき?】

もくじ

このような方向けの記事です

こんにちは、ペンタラボの宮負です。

この記事では、WordPressとMovable Type、2つのCMSの長所短所、どのようなケースに最適なのかをご紹介しています。

WebプロモーションにおいてCMSの活用が大切になる事はご存じの方も多いと思いますが、
たくさんあるCMSはどのように選んでいいのかわかりにくいですよね。

CMSはそれぞれ特徴があり、目的や使用用途に沿って選ぶことが大切です。

弊社では、WordPressとMovable Typeの両方を取り扱っており、
どちらも色々な実績がありますので、制作側の意見よりにはなってしまいますが
WordPressとMovable Typeではどのようにどちらを選べばいいのかをまとめてみたいと思います。

WordPressとMovable Typeの選び方

どちらを選ぶ?

この二つのCMSは、大きな違いとして下記の点があります。

他にも色々ありますが、まずはこの3点を抑えておくと良いでしょう。

ペンタラボでは、WordPress、Movable Typeの双方を扱っています。

なぜ二つとも扱うのかの理由は、両方にそれぞれの利点や欠点があり、
Webサイト構築の目的や用途によって、
どちらかを選択した方が良いからです。

どのCMSもそうですが一長一短ですので、
Webサイトの構築目的ごとに検討されるのが良いですね。

では、WordPressとMovable Typeの違いをひとつずつ見ていきましょう。

WordPress を選ぶ理由

WordPress

WordPressは、日本全体から見れば、いまやスタンダードなCMSとなっています。

それはデータからも明らかです。
こちらの記事で、CMSのシェアを記載していますのでぜひ合わせてご覧下さい。

CMSは自社サイトの管理や情報発信を行うのにオススメ【Webプロモーション】 | 合同会社ペンタラボ | 合同会社ペンタラボ

ライセンス費用が必要ない

WordPressがこれほどまでにシェアを取得している理由は、
ライセンス費用が必要ないことが大きな理由だと考えられます。

WordPressは、使用するためのライセンス費用が必要なく、
どなたでも無償で利用することが出来ます。

そのためコストを抑えたい企業が採用することが多いですし、
自分のメディアをはじめたい個人にも人気があります。

この点が大きく普及したポイントですね。

無償の理由ですが、WordPressはオープンソースのCMSのためです。

オープンソースとは、誰にでも開かれた(open)ソースコードということです。

どういうことかというと、
世界中のエンジニア(技術者)がボランティアや無報酬でWordPressを作っているのです。
そのために無償で利用が出来るわけです。

既存テーマの多さ

さきほども申し上げたとおり、WordPressは世界中で使用されているCMSです。
世界規模で見ても、WordPressのシェアは圧倒的です。

そのため、世界中のデザイナーやエンジニアがWordPress向けのテーマを作成しています。

日本でもさまざまなブロガーさんが作成しており、
配布や販売されていますね。

テーマ毎に、使用用途や、目指している点が違いますので、
自分の目的に沿ってテーマを選ぶ必要があり、そしてそれがみつかります。

ただ、かなりたくさんありますので、選ぶのも一苦労ですね。

既存プラグインの多さ

こちらもテーマと同様で、WordPressプラグイン自体の数が豊富です。

WordPressプラグインを制作している開発者の方も世界中に数多くいますので、
そのため、さまざまなプラグインが世界中で提供されています。

大抵の機能はプラグイン検索で見つけることが出来ます。
ひとつの機能を実装したいときも複数のプラグインから選択することが出来ます。

また、外国製のプラグインも利用者が多いため、
ローカライズも頻繁にされていますので、豊富な選択肢があります。

人気が高くシェアがあり資料も多い

国内のCMSではWordPressが人気です。シェアもあります。

そのため、ノウハウが容易に入手しやすく資料もたくさんあります。
本屋にいけば、マニュアルや関連書籍も多く見つかります。

またPHPという言語で書かれているため、対応出来る技術者も多く存在しています。

WordPressでの注意点

WordPressもいい点ばかりではありません。
短所も把握して、CMS選びの参考にしましょう。

動的出力のため画像やアクセスが多いと重いサイトに

前述の通り、Webページを生成するとき、アクセス毎の動的出力のため(Webページの表示は、1回アクセスがある度に構築されます)
アクセス数が多いサイトや、画像が多いサイトでは
表示に時間がかかるようになってしまいます。
表示に時間がかかるということは、Webサーバーにかなりの負荷がかかっていることになります。

そのため、アクセス数やサーバーへの負荷が見込まれるサイトには、ケースバイケースな軽量化の施策が必要になってきます。
サーバー軽量化の施策まで検討するとなると、サーバー構築の知識が必要になります。

無償で気軽に使えるのがWordPressの良いところでもありますが
サーバー構築の知識はWordPress構築とは別のスキルになります。
そのため専門の技術者への依頼が必要になるでしょう。

WordPress 1つにつき1つのサイトを構築

これは短所でも長所でもあると思うのですが、
WordPressは基本的にはWordPress1式につき、ひとつのサイトを構築します。

1つのWordPressで、複数のサイトは構築できません。

複数のWebサイトを作成する場合、その分WordPressを設置する必要があります。
サイトの数だけWordPressが必要になるので、シンプルですね。

Movable Typeを選ぶ理由

では、今度はMovable Typeについてみていきましょう。

静的な出力での安全性

WordPressはPHPという言語を使っていて、Webページの表示は、1回アクセスがある度に構築されている動的な出力です。
一方、Movable Typeは、Perlという言語を使用しており、Webページは、Movable Type専用の言語(MTタグ)を使用してコーディングします。

そして、コーディングされたものをCMSがわで構築し、出来上がったものをWebページとして表示します。
これは静的な出力といいます。(スタティックHTML)

専門の技術者ででないとわからないかもしれませんが、Webサイト構築におけるこの差は大きく違います。

たとえば、WordPressでは、もともとアクセス数が多いサイトや、アクセスが急激に増えたりしたとき、表示が遅くなったり、最悪の場合表示されなくなってしまいます。

そのため、CMS本体をおくサーバーの選定や設定(キャッシュなど)も重要な要素になってきます。

その点、Movable Typeは、ある程度のアクセス数までは耐えることが出来ます。
(サーバー側の要素もありますが)

そのかわりに、Webサイトの「再構築」という動作が必須です。

デザインの修正など、全体にわたる修正を行った場合再構築にはとても時間がかかります。
ページが多ければ多いほど再構築には時間がかかります。
ページ数によっては、1回の構築で数十分かかることもあるでしょう。

ちなみに、Movable Typeでは動的生成も可能です。

WordPressはプラグインなどを使用することで静的生成するツールにすることも可能ですが、
WordPressを直接静的出力にすることは出来ません。

オープンソースでないことの安全性

また、そもそもの話しとして、WordPressの場合オープンソースであることがセキュリティを低下させてしまっています。
オープンソースは中身の構造をだれでも閲覧、構築できます。
WordPressは信頼性も高いですが、それでも普及率が高いため、どうしても攻撃の標的になってしまいます。

Movable Typeはその点で、かなり優位に立っています。

使用者が、ライセンス購入者でなければならず、
制作者がわも、対応出来る技術者が限られているケースが多いため、
管理者やソースコード(CMSの中身)を閲覧し悪用することが少ないからです。

また普及率もWordPressより低いため、標的にされる心配も比較的ありません。

そのため、アクセス数が多いWebサイトはもちろんのこと、
セキュリティを重視する企業にはMovable Typeのほうがオススメです。

複数のサイトをひとつのCMSで管理できる

Movable Typeの場合、ひとつのCMSで、複数のWebサイトを構築できます。

たとえばメディアを多数運営する場合や、大きな企業でしたらページ数やカタログに当たるページが多いなど、さまざまな事情があると思いますが、そのような場合にも対応出来ます。

Movable Typeの弱点

Movable Typeの弱点を確認してみましょう。

Movable Typeは、ライセンスが必要

Movable Typeは、使用するにはライセンスが必要です。

有料である点がWordPressと比較され、結果的にコストを抑えたい場合にWordPressが選ばれる点ですね。
有料・無料の点が大きなシェアの差になっています。

ライセンス価格はプランによって変わってきますが、おおよそ10万円程となります。

資料が少ない、扱える業者が限定される

Movable Typeは、取り扱う技術者やWebサイト制作業者が少ないため、業者が限定されていることが多いです。

資料やネット上のドキュメントも少なく、
行き詰まってもネットで検索すれば出てくると言うことがあまりありません。

WordPressとくらべると、プラグインも少なく、ほとんどが無償で使用できませんが、
商用のものがほとんどのため品質が高くサポートも充実していることが多いです。

Movable Type導入はASP版の Movable Type.net がオススメ

Movable Typeは、あたらしいプランでメンテナンスフリーな「Movable Type .net」がオススメです。

月額契約で、サーバーを準備したりCMS設定をする必要がありません。
ライセンス費用月額契約に含まれています。

プランは利用する機能のイメージによって、ライト、スタンダード、プロがあります。
ライトプランは、月額2500円程度です。

WordPressと比較してもWebサーバーを借りたり、
サーバーとCMS自体のメンテナンスコストを考えば、
この値段はそれほど高くないですね。

保守をしなくていいぶん、安いかも知れません。

もしMovable Typeを使用したいけれど
安く抑えたい場合はこの「Movable Type.net 」を活用するのが良いでしょう。

ただし、プラグインなどを自由にインストールしたりは出来ないので気をつけてください。

まとめ

WordPressとMovable Typeの違いをまとめてみましたが、いかがでしたか?

どちらも一長一短ですので、目的に沿ったCMSを選ぶと良いでしょう。

RELATION ENTRY 関連する記事

Webサービスのカテゴリーがついた記事

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2019

SNSシェアボタンを設置する人気のWordPressプラグイン3選+おまけ2019

カテゴリー : Web制作

タグ : WordPress

今回は、プラグインで設置したい方向けに、人気があるSNSシェアボタン設置プラグインをまとめてみました。SNSへのシェアをするボタンを追加するWordPressプラグインはさまざまなものがありますが、中でもオススメの3つをご紹介しています。

自社Webサイト放置は機会損失!改善するためのはじめの一歩

自社Webサイト放置は機会損失!改善するためのはじめの一歩

カテゴリー : Web制作 マーケティング

タグ : WordPress Webプロモーション

はじめてWeb担当者になったり、これから自社のWEBサイトを活用したプロモーションをはじめようとしたときに役立つWebサイトを活用したプロモーション方法についてさまざまな記事でご紹介しています。今日はWebサイトを改善するために何をして良いのかわからない場合にポイントとなる点を考えてみましょう。

複数のWebサービスをひとつのブラウザにまとめるアプリ「Station」と「Rambox」

複数のWebサービスをひとつのブラウザにまとめるアプリ「Station」と「Rambox」

カテゴリー : Web制作

タグ : アプリケーションソフト

日々様々なWebserviceを使っていると、ブラウザを閉じてしまって困ったりすることがあると思います。専用のブラウザを用意すると便利です。複数のWebサービスをひとつのブラウザにまとめるアプリ「Station」と「Rambox」についてご紹介します。

CMSは自社サイトの管理や情報発信を行うのにオススメ【Webプロモーション】

CMSは自社サイトの管理や情報発信を行うのにオススメ【Webプロモーション】

カテゴリー : Web制作 マーケティング

タグ : CMS WordPress Webプロモーション

Web担当者やこれからWebサイトを充実させたいと考えている方向けの記事です。CMSの活用について考えてみましょう。どうしてCMSを使用するべきなのかや、WordPressのシェアと特徴、Movable Typeの特徴についてをわかりやすくご紹介しています。

NEW ENTRY 新しい記事

業務システムのUIデザインを改善して現場の作業効率アップ!

業務システムのUIデザインを改善して現場の作業効率アップ!

カテゴリー : デザイン

タグ : システム開発

業務システムは、自社の社内で使うものがほとんどのため、UIデザインを重要視されているケースは少ないと思われます。
そのために作業者にとってとても使いにくくなってしまっているものも多くあり、よくご相談を頂きます。
この記事では業務システムを使用していくうえでのよくある不満点を考えてみたいと思います。不満点を改善すれば、作業者の業務効率もグッとあがります。

WordPressとMovable Typeのちがいについて【CMSはどちらを選ぶべき?】

WordPressとMovable Typeのちがいについて【CMSはどちらを選ぶべき?】

カテゴリー : Web制作 Webサービス

タグ : Movable Type CMS WordPress Webプロモーション

WordPressとMovable Type、2つのCMSの長所短所、どのようなケースに最適なのかをご紹介しています。CMSはそれぞれ特徴があり、目的や使用用途に沿って選ぶことが大切です。弊社ではどちらも実績が多くありますのでWordPressとMovable Typeではどのようにどちらを選べばいいのかをまとめています。

自社Webサイト放置は機会損失!改善するためのはじめの一歩

自社Webサイト放置は機会損失!改善するためのはじめの一歩

カテゴリー : Web制作 マーケティング

タグ : WordPress Webプロモーション

はじめてWeb担当者になったり、これから自社のWEBサイトを活用したプロモーションをはじめようとしたときに役立つWebサイトを活用したプロモーション方法についてさまざまな記事でご紹介しています。今日はWebサイトを改善するために何をして良いのかわからない場合にポイントとなる点を考えてみましょう。

CMSは自社サイトの管理や情報発信を行うのにオススメ【Webプロモーション】

CMSは自社サイトの管理や情報発信を行うのにオススメ【Webプロモーション】

カテゴリー : Web制作 マーケティング

タグ : CMS WordPress Webプロモーション

Web担当者やこれからWebサイトを充実させたいと考えている方向けの記事です。CMSの活用について考えてみましょう。どうしてCMSを使用するべきなのかや、WordPressのシェアと特徴、Movable Typeの特徴についてをわかりやすくご紹介しています。

【 マーケティング とは】ブランディング、市場調査や販売促進との違いは?

【 マーケティング とは】ブランディング、市場調査や販売促進との違いは?

カテゴリー : マーケティング

タグ : Webプロモーション

マーケティングとはどういう活動のことを指すのでしょうか。プロモーション、ブランディング、市場調査、販売促進…さまざまな言葉がありますが、違いがわかりますか?カンタンにマーケティングと何かを説明しています。

【デザイン】Adobe Illustrator CC 23.0 update バージョンアップ2018年10月まとめ

【デザイン】Adobe Illustrator CC 23.0 update バージョンアップ2018年10月まとめ

カテゴリー : デザイン

タグ : アプリケーションソフト Photoshop Adobe

2018年10月にAdobeCCのIllustratorがアップデートされ新しい機能が色々と追加されました。フォントパネルの改良、フリーフォーム グラデーション、グローバル編集機能が大きな追加です。この記事ではそれらをカンタンにまとめています。

複数のWebサービスをひとつのブラウザにまとめるアプリ「Station」と「Rambox」

複数のWebサービスをひとつのブラウザにまとめるアプリ「Station」と「Rambox」

カテゴリー : Web制作

タグ : アプリケーションソフト

日々様々なWebserviceを使っていると、ブラウザを閉じてしまって困ったりすることがあると思います。専用のブラウザを用意すると便利です。複数のWebサービスをひとつのブラウザにまとめるアプリ「Station」と「Rambox」についてご紹介します。